今はまだ下積み期

プロフィール

天様

Author:天様
エクスクルーダーちゃんが好き
pixivで遊戯王絵を中心に活動、
TINAMIと静画も始めました。


ニコニコの垢さん

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

pixivでの活動

オブザイヤー

SECEフラゲ感想。


《音響戦士ギータス》
ペンデュラム・効果モンスター 星3/風属性/機械族/攻1500/守 100
【Pスケール:青7/赤7】
「音響戦士ギータス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

単純にチューナーをリクルートできるというだけでも充分強い。
スケールも7と大きいので普通にペンデュラムの役にも立つ。
モンスター効果も釣り上げなので総じて無駄がない。

《フロント・オブザーバー》
効果モンスター 星4/地属性/機械族/攻1000/守1500
(1):このカードが召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから地属性Pモンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが召喚に成功した場合、
次の自分ターンのエンドフェイズに、
このカードをリリースして発動できる。
デッキから地属性モンスター1体を手札に加える。

地属性Pモンスターをサーチするジェネクス・ニュートロン。
後半の効果は条件が厳しいので無視して構わないだろう。
地属性Pモンスターが増えるごとに需要は上がるかもしれないが
何分相手ターンに攻撃力1000を棒立ちにさせなければいけないので色々厳しい。


《切り盛り隊長》
効果モンスター 星3/地属性/戦士族/攻1200/守 400
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札を1枚デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
そのドローしたカードがモンスターだった場合、
そのモンスターを特殊召喚できる。

効果自体が便利なのもさることながら、切り込み隊長の意外な一面。
とはいえ独り身っぽいイメージがあるので料理が上手そうなのも無理もない。



肉体演説予行練習編


追記にて、ポケモンYのハンサムイベント2話目。




あらすじ:不本意ながらも探偵・ハンサムの助手になったトレーナー・ソラ
内心かったるいと思いながらも協力するのだった、さあ・どうなって・しまうのか。

pkmnY-2-2.jpg
多分その口調がうるさくて逃げ出したんだと思うザマス。

pkmnY-2-3.jpg
くさそう


タドコロンエンブレム
イーキ↑スーギィイクーッ↓!

スカトロンエンブレム
マ゜ッッッッ!!!!!!


pkmnY-2-4.jpg
かくして、問題の路地裏に潜入。
熱烈な歓迎のもと、繰り出されるポケモンを
次々と薙ぎ倒し奥へと進むのだった。


pkmnY-2-5.jpg
そしてハンサムも遅れて到着。
奥にいたのは一人の少女とニャスパーの「もこお」
どうやら子供達は彼女をかくまっていたのだという。



pkmnY-2-6.jpg
あっ…







pkmnY-2-7.jpg
「私にいい考えがある!」

そうハンサムが言うと、なんとハンサムハウスに迎えようと提案するのだった。
年頃の娘を連れ帰るとか一歩間違えれば色々アウトだろうに
何を言い出すんだこのオッサンと思いつつも
紳士的な条件の提示のもと渋々納得するのだが…

ところが!


pkmnY-2-8.jpg
ハンサムの胡散臭さのあまりに逃げ出してしまう、も↑こ↓お
仲良くと言われても、ハンサムさんに警戒してるんだから
多分私がもこおを説得したところでなんも解決しないと思うんですけど。



pkmnY-2-9.jpg
水泳選手になりたいという解釈にしておこう。うん。


pkmnY-2-10.jpg
pkmnY-2-11.jpg
こうして、もこおを説得し。
釈然としないまま少女共々ハンサムハウスに迎え入れるのだった。

スカトロンエンブレム
イーキ↑スーギィイクーッ↓!

タドコロンエンブレム
マ゜ッッッッ!!!!!!


pkmnY-2-12.jpg
少女の名前はマチエール、年頃の娘を連れ込むのもそうだが…
それ以上に素性も知れない娘を安々と迎え入れて良いものか?
悪い予感は絶えないのだった。


物語は次回へと続く!
スポンサーサイト

<< スサノオー | ホーム | スクラップが似合うぞ! >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP