今はまだ下積み期

プロフィール

天様

Author:天様
エクスクルーダーちゃんが好き
pixivで遊戯王絵を中心に活動、
TINAMIと静画も始めました。


ニコニコの垢さん

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

pixivでの活動

タブー

スリーブ投票の暫定結果が出ました、
3位は武神、2位はマドルチェ、そして1位がクェーサーだそうです。
妥当ではあるけどマドルチェが健闘したのは意外でしたね。

しかしこれが原因でマドルチェを嫌う萌え豚認定厨どもがハッスルしてしまう事に。
とはいってもいつもの事だし、どうせ匿名でしか粋がれないような産廃人間ばっかなんで放っときましょう。

ところで豚という喩えは蔑称としてあまりしっくり来ない気がするんすよね、
恐らく醜いとか肥満児とか家畜とかのニュアンスで使っているんだろうけど。
実は生物としての豚って案外優れてるんですよねー。
生命力繁殖力ともに強く、実は知能も犬並みに高い、
意地汚い所が目立つが意外にも清潔を好んだりもする。
肥満の喩えとして使われているが、実は体脂肪率は14から18%と低く
ほとんどが筋肉、人間で喩えるならアスリートのような体型なのだ。
実際豚肉には脂身がほとんど無いだろう? そういう事だ。
それに家畜というのは生産性があって然るべき物なので、
家畜に喩えられるという事は生産性があると捉える事も出来るわけよ。
これらの情報を知ってたら豚を蔑称として使う気にはなれんね。
このように劣ったと思われる動物も実は充分優れてたりするのだ、
動物を劣った物と考える行為はまさに人間の驕りだろうね。

別に萌え豚の肩をもつ訳じゃないが、豚って喩えが的確じゃないなと思っただけです。
つーかマドルチェ使いを萌え豚扱いする事がまず間違ってんだよ
普通に組むとデッキ内がほとんど獣まみれになるし、
更に言えばこの異質なギミックが好きで使ってる奴もいるだろ。
そんな事も分かんねぇのか。まあ分かんねえだろうな、脳内決闘者だから。
ついでにガチでないと価値が無いとか主張する奴は脳内決闘者かもしくはTP様だ。


ギンガマン7、8巻観ました、追記で。


赤豚白豚の語感の良さは結構好きだ、蔑称というより愛称になってるし。


リアルでネットスラング使う奴とかいやもうホント痛いんで勘弁してください。

あらゆる手段を用いてダイタニクスの復活させようとするイリエスだったが、
封印を中途半端に解いたためにダイタニクスの体はついに腐敗を始める。
遂にイリエス自身がダイタニクス復活のための作戦を実行するが、ギンガマンに敗れ去る。
イリエスの魂は宝石へと変わり、それを回収したブクラテスの手によって復活するはずだったが
ゼイハブ船長とバットバスによって復活は阻止され、魂はダイタニクスの復活に利用され
そしてブクラテスも海に沈められるのだった。
イリエスの魂の影響によりダイタニクスの心臓は動き出し、
新たに行動隊長バットバスを、作戦指揮官に闇商人ビズネラを立て
ダイタニクス復活のための新たな作戦を実行するのだった。

イリエスとの戦いにより重症を負ったゴウタウラスの看病をするヒュウガ。
だが生きていたブクラテスの謀略によりゴウタウラスは人質に取られ、
ヒュウガはブクラテスに従う事を余儀なくされてしまう。
ゼイハブへの復讐を目論むブクラテスの口から「ゼイハブを倒す手段を知っている」との言葉が。
そしてヒュウガはゼイハブを倒すための手段を教えてもらうためにシズミ草という薬草を飲む事になる
その薬草は飲むとアースが使えなくなり、ギンガの森に帰ることも出来なくなる物だった。
全てはバルバンを倒すため、また弟リョウマとも戦う事すらも覚悟するヒュウガの決意は確固たるものだった。
一方、ダイタニクスは彗星の力を得てついに復活するのだった。


今回はイリエスが倒されましたが、ブドーを陥れた事もあって良い印象無く終わりましたね。
でもデザインは結構好きだったんですよね、シェリンダとはまた違ったエロさがあって。
ブクラテスは縁者のイリエスが倒された事もあってもうお役御免かと思ったんですが
まさかゼイハブ船長を倒すためのキーパーソンになろうとは思わなかった。
でもまだ信用できないんですよね、もしかしたらゼイハブにヒュウガを売り込むかもしれないし。
そういった意味でも、今後の動きに注目したいもんです。

バットバス軍は一週回ってまた正統派な悪役ですね、
でもこいつらの豪快ながらも統率の取れた動きは中々観てて気持ちいいもんです。
注目すべきは配下の一人であるテギウス、バルバンからは完全に捨て駒扱いされていた老兵なのだが
数多くの戦地を駆けてきたらしく、中々達観した考えを持っている奴で実に格好良かった。
いわゆる善人怪人にあたるのだろうが、決して足を洗おうとせず最期は戦士として戦いの中で散ろうとしていた。
こういう自分の芯を通したがるキャラは本当に格好いいもんですね。


ところでサヤがバルバンエキスによって巨大化する話があったんだが、
ギャグみたいな描写だけどこれ絶対寿命縮んでるよね。
死亡フラグになるとは思わないけど後味悪いなと少し思う。

スポンサーサイト

<< アニキサンド | ホーム | 初ッ夏ー >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP