今はまだ下積み期

プロフィール

天様

Author:天様
エクスクルーダーちゃんが好き
pixivで遊戯王絵を中心に活動、
TINAMIと静画も始めました。


ニコニコの垢さん

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

pixivでの活動

武道

今日は近所のDORAMA(ビデオ屋)を何となく覗いてきました。
あまり会員証を増やしたくないという理由でTUTAYA以外には行かなったのですが、何となく見てきたわけですよ。
そしたら思いの外戦隊シリーズの品揃えが良くて、
デンジマン、チェンジマン、ゴーゴーファイブと
そして散々探し回ってたタイムレンジャーも置いてありました。
今更遅せえよ!

そういやギンガマン借りに行ったついでにその店の特撮の棚見てみたら
何気にナック制作の特撮「バトルホーク」が置いてありました。
これもいつか観てみたいもんです。


ギンガマン5、6巻観ました、追記にて。


剛リョウマ

「散ればこそ、花美しく名を残し、今一度の、バルバンの夢」
調査の末についに銀河の光を発見したブドー、立場が危うくなる事を恐れたブクラテスは
自分の姪であるイリエスにブドーを貶めるように仕向けさせるのだった。
イリエスの部下・メドウメドウの謀略により濡れ衣を着せられたブドー、
牢の中で処刑されるのを待っていた彼の前に現れたのは部下の闇丸と鬼丸。
部下の助けにより脱獄し、汚名を晴らさんと銀河の光を取り戻しに出るが
またもメドウメドウに騙され、ゼイハブ船長に見限られたと信じこんでしまう。
仕えるべき主君を失った事を知ったブドーはその場でメドウメドウを切り捨て、
最期まで武人として戦いに生きることを誓い、ギンガマンに戦いを挑み敗れ去るのだった。

一方、星を守る力として力を使う事を主張したギンガマン達は
銀河の光に認められ、その力を宿し獣装光ギンガマンとなるのだった。
銀河の光を失ったブルブラックは、バルバンと共に地球爆破を試みるが、
復讐のためでなく、星を守るために戦うべきだとリョウマに知らされる
そしてブルブラックは取り込んでいたリョウマの兄ヒュウガを開放し、
自らを犠牲に地球を救うのだった。

生還したヒュウガを迎え入れる、しかしリョウマは
星獣剣を本来受け継ぐはずだったヒュウガに返そうとしていたが、
自分がギンガレッドとして戦う事をヒュウガに告げ、またヒュウガもそれを認めるのだった。
ヒュウガもまたブルライアットに込められたブルブラックの意思に認められ、
ブルブラックの力を受け継ぎ、黒騎士ヒュウガに変身する事となった。

ある日、星祭りというギンガの森の祭りの日がやってきた。
時を同じく闇商人ビズネラが巨大兵器を売り込みにバルバンに来る、
その兵器というのが、ビズネラの手によってサイボーグ化した鋼星獣、
ギガライノス、ギガフェニックス、ギガバイタスである。
ギンガマンと戦う事になるが星獣達は戦いを拒み、一方的にやられてしまう。
そこでコントローラーを奪い鋼星獣達を止めようとするギンガマンだったが、
敵によりコントローラーは破壊され、死ぬまで戦うしかないというのだ。
星獣は肉体は死せども心は死んでいないとし、鋼星獣達を説得するギンガマン達、
その願いは通じ、鋼星獣達はついに本来の正義の心を取り戻すのだった。

星祭りの日、リョウマ達は戦士の誓いを星獣達に贈るのだった。
「戦士とは、日々においても戦いにおいても心に平和を忘れず、
 持てる力全てを惜しまず、諦めず、振り返らず、また仲間を信じ
 苦難と悲しみは受け入れる。全ては星を守るために。」


いやブドーは最期まで格好良かった。
最後までゼイハブ船長に忠義を尽くそうとする様はまさに武士のそれだし、
卑劣な手段によって貶めにかかったメドウメドウを切り捨てる様は
もはやヒーローと呼んでも差し支えないようなものを感じましたね。
そして戦いに生き戦いに死ぬ末路はまさに武道の名に恥ない最期だろう。
武士道とは死ぬことと見つけたりとはよく言ったものだ。

ヒュウガが黒騎士になった事に関してはあんま驚いてません
何しろゴーカイジャーで既にネタバレされてるんで…。
既にネタバレされて知ってる時はムリに知らないフリしないほうがいいんすかね。

スポンサーサイト

<< 本末転倒 | ホーム | 今日は明日が休みのななじ >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP